電子ピアノを習うとき気をつけること。

電子ピアノを習うのは、ただ通っていれば良いのではありません。
ほとんどの電子ピアノのレッスンは1週間に1回です。

レッスンを終えてから、次のレッスンまでしっかり復習しているでしょうか。
上達度が気になってしまいますが、家での練習がおろそかになっていては長期間続けていてもうまく弾けるようになりません。

先生にレッスンをしてもらうときには、前回までに言われた内容の復習が出来ているか、間違った指使いや音符の読み違いはないかチェックを受けて、正しく修正してもらうことになります。

1週間の間に全く練習をしていないと、前回と同じ注意を受けることになり、足踏み状態になってしまいます。
1回30分という短い時間で電子ピアノを習うのが普通ですから、家での練習はしっかりしておかないといけません。

生徒さんの取り組み次第で、先生の対応が変わってきますし、親御さんの電子ピアノに対する姿勢も大きく作用します。
本格的に電子ピアノを習いたい、習わせたいと思っているなら、自宅での練習はきちんとし、その練習で疑問に思ったことを、次回のレッスンで先生に教えてもらうようにしましょう。

大手の音楽教室に入会すると、年に1度の発表会に加えて、コンクールの出場が出来るようになります。
知らない人の前で弾く発表会やコンクールの練習になると、一生懸命やる生徒さんがいるので、欠かさず参加させて練習意欲をアップさせる先生もいます。

電子ピアノを習うというのは、思っているほど簡単ではありませんので、フォローをしっかりとするようにしましょう。
http://www.piano-kaitori-service.com/denshipianoerabi/17