個人の先生に習う

電子ピアノを習いたい、習わせたいと考えた時、個人の先生を探しますか。
それとも、音楽教室を探しますか。
どちらを選んでも、生徒と先生の相性が合わないとどうにもならないことですので、どちらが良いと言い切れるものではありません。

電子ピアノを個人の先生に習う場合、その先生の生徒さんに対する考え方で大きな違いが出てきます。
生徒さんに嫌われないようにという気持ちが強ければ、生徒さんに合わせたレッスンになるでしょうし、ピアノの技術をしっかりと習得させたいという考えならば、厳しいレッスンになることもあるでしょう。

どちらが正しいということではありませんが、電子ピアノに興味を持たせてくれる先生であることが一番大切です。
レッスンは厳しくても、興味のある曲に取り組ませてくれたり、上達が実感できるようであれば、続けていくことが出来るでしょう。
を習うのに個人の先生を希望している人は、発表会を見に行くと参考になります。

その先生の考え方が一番表れるのが発表会です。
生徒さんが弾いた曲目や、ミスの多さなどで、どのような指導をしてきたかが良く分かります。
生徒さんの実力より少し背伸びした感じの曲を選択する先生、生徒さんが希望する曲を弾かせてくれる先生、誰もが知っている曲を選ぶ先生など、発表会に行くと自分が習いたいと感じるピアノの先生に出会うことが出来ます。
あまり生徒さんが少ないと、発表会自体を開くことが出来ない場合があります。

発表会を嫌がる人はそれで良いのですが、発表会は日頃の成果を実感できる良い機会ですので、あった方が良いでしょう。